カーシェアリング + フリートテレマティクス

 

Linuxベースのテレマティクスコントロールユニットを使用することで、LDLテクノロジーの技術を最大限に活用することができます。本ユニットを活用したシステムは、カーシェアリングの車両管理事業者にとって、非常に有益なものです。

Bluetooth Smart© およびNFCインターフェースにより、バーチャルキーを介して車両にアクセスすることができ、CANバス、デジタルインプット、電源アウトプットにより、各種機器との接続を最大限可能にします(例:キーボックスの施錠 / 解錠 など)。GPS/GLONASSおよび3G/4G回線により、車両を常時追跡することが可能です。ユーザーは、それぞれのニーズに応じて、Linuxのアプリケーションを自由に設定することができます(ペイロード関連のメッセージ、トランスミッションの仕組み、設定の更新、CANのプロトコルや特定のアルゴリズムなどに対応したカスタムサービスなど)。

LDLのテレマティクスコントロールユニットは、コンパクトなサイズ(約140×120×36cm)で、簡単にキャビン内へ統合することができます。オプションの充電式バッテリーを使用し、車両の電源から切り離して使用することも可能です。