タイヤ空気圧モニタリングシステム (TPMS)

OEMで採用されているLDLテクノロジーの直接式リアルタイムタイヤ空気圧モニタリングシステム (TPMS) は、タイヤの空気圧の急激な減少を警告し、タイヤの不具合による厄介な車両故障や深刻な事故の発生から、ドライバーを守ります。

TPMSは、タイヤの空気圧が正常な状態であるかを継続的にモニタリングします。タイヤの空気圧が減った危険な状態を警告し、ドライバーと同乗者の安全をより確かなものとします。適切な空気圧のタイヤであれば、走行はより安定し、ハンドリングやブレーキングがよりよくなります。

さらに、TPMSは車両管理の効率化やコストの削減に貢献します。適切な空気圧のタイヤは寿命が延び、燃費の向上にも寄与します。また、タイヤの空気圧が適正であれば、タイヤの溝が長持ちし、車両ダウンタイムの低減にもつながります。

LDLは、二輪車、乗用車、トラック、建設車両用など、幅広くセンサーを提供しています。各センサーは、それぞれのアプリケーションに合わせ、特別に開発・設計されています。

バッテリー内蔵のセンサーが、タイヤ内部の空気圧と温度を測定し、ワイヤレス通信によって、測定した情報をレシーバーコントロールユニット (RCU) に送信します。情報は特別なアルゴリズムで処理され、CANバス通信経由でOEM固有のダッシュボードに表示されます。タイヤ内部の温度を測定できない外付バルブ式のセンサーとは対照的に、LDLのシステムはすべて、タイヤ内部の温度を検知(空気圧と温度の異常が同時に発生した場合は、空気圧の異常を優先して警告)することができます。

LDLは、あらゆる車両ラインにTPMSを供給することができます (ECE R64 & FMVSS NHTSA 準拠) 。当社は、最低限の共通部品を使用し、あらゆる車両に対応するTPMSをOEMに、また、アフターマーケットやレーシングについては、TIRE WATCHのブランドでTPMSを提供しています。