TPMSの利点

1. タイヤトラブルの早期発見と原因究明

本製品を採用したあるフリートでは、半年間で3件のパンク、スローリークが早期発見されました。その結果、代車の手配を迅速に進めることができ、車両運行スケジュールへの大きな影響を防ぐことができました。原因はダブルタイヤの内輪に刺さった異物であり、目視による点検では発見が難しい箇所にありました。

2. 燃費の向上

タイヤの空気圧が適正値より低いと、転がり抵抗や摩擦が大きくなり、燃費が悪化します。TPMSは、タイヤの空気圧の適正管理を支援し、結果として燃費が向上すると感がられます。

3. タイヤ寿命の延長

タイヤの空気圧が適正値より20%低いと、タイヤの寿命が30%短くなるといわれています。本製品を使用することで、個別のタイヤの点検、ローテーション、交換等を効率化できると考えられます。

4. タイヤ管理工程のデータ化、効率化

本製品を取り付けた車両に対して、関連製品のトリガーツール(別売)を使用することで、エアゲージ等を使わず、簡単にタイヤの空気圧・温度を測定することができます。これにより、現場での作業工数、時間の短縮が図れます。

また、測定した個別のデータは専用ソフトで蓄積することができ、効率的なタイヤ管理戦略に役立てることができます。

5. CO2排出量の削減

タイヤの空気圧を適切に管理することで、CO2排出量を削減することができます。TPMSの導入は、企業のCSR・イメージの向上にも貢献すると考えられます。