LDLテクノロジー

未来を予測する最良の方法は、未来を創ることだ。– ピーター・ドラッカ Peter Drucker. “

フィリップ・ルフォーは、TPMSセンサーを開発するという外部からの要求、特に車輪付きのメトロメーカーSTSに対する要望をますます受けることで、これまで自動車機器メーカーでは対応できなかったニーズが浮上しました。 そこから、タイヤ空気圧、ハンズフリーシステム、トランスポンダベースの固定(RFID)などのワイヤレス技術を提供することにより、ニッチな自動車/輸送市場でビジネスを開始するという彼の野心が生まれました。

彼のビジョンは、LDL Technologyの設立を通じて2004年に実現しました! LDLの創設チームはその年、フランスの高等教育研究イノベーション省がBpifranceと共同で実施したi-Labイノベーションコンテストの受賞者の称号を獲得しました。(以前はCETIコンテストとして知られていました). 200 000€の助成金により、2004年7月1日に冒険が始まりました。 本当の足がかりとして、この賞は会社の技術的および商業的開発を加速することを可能にしました。

現在、LDL Technologyは、タイヤ空気圧センサー(TPMS) からハンズフリーのアクセスおよびスタートシステムに至るまでのワイヤレス組み込み電子システム、および圧力、温度、ドア開口部などの多数のセンサーを監視しながら車両の位置を追跡できるテレマティクスシステムを提供しています。 15年以上にわたり、会社はオートバイ、トラック、バス、農業用車両、小型車、レースなどの市場での地位を確立しています。その有名な顧客の中で、LDLはハーレーダビッドソン、BMW、KTM、TRIUMPH、DUCATI、HINO、DHOLLANDIA、IVECO、NAVISTAR、ISUZUおよびLOTUSとビジネスを実現しています。

情熱から企業への志望へ

その歴史を超えて、LDL Technology は何よりもまず、レースへの情熱から生まれたベンチャーです!レースに情熱を傾けているフィリップ・ルフォー は、幼い頃から力学に携わってきました。 トレーニングなしで、彼は勉強しながら、レーシングカーを準備するガレージで働くことによってすべての技術的知識を学び、獲得しました。 この経験のおかげで、彼は最初のレースへの資金提供を開始し、自動車力学、地域集会における専門知識を発展させ、その情熱はすぐに専門的活動の一部となりました。 レーシングはLDLが最初に獲得したニッチ市場の一つであり、特に2005年にクライアントのテンケイトと (スーパーバイク世界選手権の6回の世界チャンピオン) そして、2008年には、オリヴィエパニスが主導するLMP1のオレカチームとのパートナーシップへのサインにより、初めてルマン24時間にアクセスできるようになりました。現在、LDLの製品は世界の競技車両の半分にその「TIRE WATCH」ブランドを通じて、搭載されています。

«レースはLDLの真の実験室であり厳しい環境により、我々の製品を限界まで押し上げることができます。このフィードバックにより、センサーのパフォーマンスを向上させることができました。

LDLでは、常に製品の欠陥ゼロを追求しているため、仕事がとてもエキサイティングです»

フィリップ・ルフォー